参加にかかる費用について

(2016/04/15 第一稿執筆)
(情報を修正した場合はここに記載)
EJCに行くのにかかるお金は、主に以下です。(太字は必須項目)

EJC費用総覧
内訳 値段(概算)
航空券(往復) 60,000円~200,000円
入場チケット(1日券or全日券) 16,000円~22,000円
キャンプ・宿泊代 5,000円~100,000円
日本の空港までの交通費(往復) 2,000円~10,000円
現地での交通費(往復) 3,000円~20,000円
食事 10,000円~
パスポート(非所持の場合) 11,000円~16,000円
海外旅行保険 5,000円~10,000円
フェスティバルでのグッズ購入費 0円~
その他観光 0円~
合計 約10,0000円~

航空券、食費、宿泊の3つの値段次第でだいぶ変動します。実際には、どんなに安い航空券を手に入れても、キッカリ10万円で済むようなことはないでしょう。安くて15~30万円が平均的な出費です。


パスポート

新規の取得には、11,000円(5年有効)または16,000円(10年有効)かかります。(2016/03/29時点)
新規、更新に関わらず、新規の発行とみなされるため、価格は変わりません。

詳しくはパスポートについてを参照。


航空券

チケットを取る時期や、出発する空港(成田か?羽田か?関空か?福岡か?)、直行、経由便どちらを利用するのかで大きく違いがあります。
筆者が見聞きしたEJC行きのチケットの中で一番安かったのは、成田空港から20時間ほどかかる経由便で60,000円代です。(燃油サーチャージ等諸費用込み)これ以下も存在はするものの、(スペイン行き3万円も聞いたことがあります)治安の動きや航空会社の経営状況などが偶然重なって時々このようになるだけで、10万円以下(燃油サーチャージ等諸費用込み)ならばシーズンにしては安いです。
直前(7月入ってから)になると、10万円以下を見つけるのも少し難しくなります。年にもよるでしょうが。

ヨーロッパまでは、フィンランドなど最も近いところへの直行便9時間半
経由便だと、乗り換えを含めて20時間前後かかるのが普通です。

航空券の具体的な取り方や直行便と経由便のメリット・デメリットについてなどは航空券についてを参照。


入場チケット

予約が早ければ早いほど安くチケットを入手できます。
航空券を取った時点では行くのが決定しているでしょうから、ネットで予約して、プリントアウトしていくのがよいでしょう。
詳しくは入場チケットについてを参照。


キャンプ・宿泊代

宿泊には大きく分けて二通りあります。

①テント泊
②ホテル、ホステルなど宿泊施設を利用

①テント泊の場合
キャンプ場がEJCの会場には併設されています。
特別なことはなにもなく、ただ空いている場所を見つけて、テントを立てるだけです。
なのでテントを持っていかなくてはなりません。
現地で調達することも可能です。
テント泊については、別の記事で詳しく述べる予定。
ピンキリですが、私は毎年このテントを買って、向こうで誰かにあげるなり売るなりして処分しています。
4,000円ですが、トラブルが起きたことは今の所一度もないし、広さも十分です。
他に、寝袋などが必要になってきますが、最低限の装備は、1万円もあれば十分揃えられます。

②ホテル、ホステル泊の場合
ホステルというのは、明確な定義は知りませんが、ドミトリータイプの部屋がある安い宿はこう呼ばます。ゲストハウスとも。
林間学校の相部屋のような、「ベッドがいくつもある部屋」です。
割り当てられるスペースはベッドのみ。防犯には気を使わないといけませんが、割安です。あと、友達ができたりもする。
値段は、参考としてたとえばパリで3,000円前後が相場でしょうか。
安い国、地域だと1000円前後で泊まれたりもします。

詳しくはキャンプ・宿泊についてを参照。


交通費

日本の空港までの交通費(往復) 2,000円~10,000円
現地での交通費(往復) 3,000円~20,000円

特に現地での交通費は、国によって違うのでなんともいえません。場合によっては、EJCが空港から会場までの無料シャトルを出していることもあります。
会場が空港のある都市から遠いこともあるし(ポーランドは遠かったな)、2016年のようにアムステルダム付近、つまり首都近くの時もあります。

詳しくは交通費についてを参照。


食費

食事 10,000円~

食費は、これもスタイル次第です。
最低でも1週間で10,000円はかかるんじゃないかと思います。(一食約500円で換算)
EJCの会場内でも、屋台があったり。
フルーツや野菜が安い傾向にあります。
朝食はフルーツ、昼食はスーパーで買ったパンとハム、夕食は会場の屋台、というスタイルだと、比較的安くすみます。
ただし冷蔵庫などは基本的にないので、保存がきかないものはあまり勧められません。
小分けで買うと高い。
詳しくは食費についてを参照。


海外旅行保険

海外旅行保険 5,000円~10,000円

クレジットカードに付帯していたり、チケットを買う時にオプションで付けられたり、空港でも加入できます。
何があるかはわからないので、入っておく方が無難です。
事故だけではなく、ヨーロッパは、カメラ、携帯、財布など、盗られやすいです。


その他の出費

フェスティバルでのグッズ購入費 0円~
観光 0円~

グッズは、いい思い出になります。
服はサイズも限られているので、欲しい大きさ、色、デザインがあったらなるべく早く手に入れておく方が吉。
年にもよりますが、多い時は、種々のグッズがあります。
他のフェスティバルで着ていると、「あっ、君もあの時いたんだね!」と話が広がることも多いのでTシャツ、パーカーはオススメです。
詳しくは別記事を立てる予定。