キャンプ・宿泊について

EJCといえばキャンプをイメージされる方も多いでしょう。
IMG_1584
EJC2015の様子

日の光をさんさんと受けてむちゃくちゃに暑くなるテントから這い出すのも、またEJCの楽しみです。
(割り切って考えれば)
キャンプ以外で宿泊をする方法もありますが、筆者は強くキャンプ生活をおすすめします。理由としては

①会場が近い
②安い
③よりEJCらしい(のは、重要な気がする)

清潔な環境の方がいい、アウトドアな環境が苦手な方はぜひホテルを取ってください。
大概の人は、ふだんは多少綺麗好きでも、楽しんでいるうちにおそらくだんだん気にならなくなってきます。
それでも、ダメな方はダメでしょう。
ただし安いホテル、ホステルはすぐに埋まってしまったり、会場から離れていたりして、安心な反面、多少不便な場合もあります。
ホテルのいい点は、圧倒的に環境がよいことです。個室にバストイレが有るところもあるでしょうし、ご飯も美味しく、貴重品の管理も楽です。(最も、EJCでテントの中に荷物を置いておいて盗難にあった事例は今のところ聞いたことがありません)

ゆったり過ごして、EJCには、1日のうち半日もいればいい、あとは観光もしたい、という方はホテルがよいかもしれません。

ホテル、ホステルは、たとえば
ホステルワールド http://www.japanese.hostelworld.com
Booking.com http://www.booking.com
などのサイトを活用すればすぐに見つかります。

ホステル、は簡易宿泊施設である分(割り当てられるのはベッドだけ)安いです。
多少ことばが使えれば、同室の人と仲良くなったりすることもあります。
ただよほどキレイなベッドで寝たいのでない限り、また荷物が増えるのがイヤなのでない限り、ホステルを取るくらいならテントでもいいんじゃないかという気もします。

テント生活について

本格的な装備が必要なのだろうか、と思われる方もいるかもしれませんが、実際は寝袋、銀マットとテントがあればなんとなかります。
ただ毎年浸水して悲惨なことになっているひとをよく見かけるので、それだけは特に気をつけたほうがいいかもしれません。
くわしくは、関連記事でぼつぼつと述べてゆきます。


関連記事

・テントの選び方
・持ち物について
・生活の様子
・ホステルとは?

coming soon…