EJC期間中に発信をしているチャンネルまとめ

IMG_8120

管理人の青木直哉です。
EJCに向けていよいよ日本を発ちました。
以降1ヶ月は、少し変則的にポストをしていきます。

以下のアカウント、ページでも、いろいろと配信しています。

ejcfanインスタグラム https://www.instagram.com/ejcfan2016/
ejcfanツイッター https://twitter.com/ejcfanjp

書くジャグリングの雑誌:PONTE Podcast
直接音声ファイルを聴く http://jugglingponte.com/?cat=9
iTunesリンク https://itunes.apple.com/jp/podcast/tingkujaguringunorajio-ponte/id1023866550?mt=2

EJC に向けての準備の状況

今日町を歩いていて、ふと、そういえばEJCに行く準備がまだまだできていないことに気づき、それについて今回は書いて、整理する次第です。
EJCに向けてなにをしているのか。
サイト運営者運営者青木の現在の状況を記録しておきます。

会場に入るチケットは早割で、今年初旬に購入済み。
航空券も4月ごろに買ってあります。

荷造りはまだなにも手をつけておりません。
EJCのあとに2週間、ヨーロッパを歩き回る時間をとっているのですが、まだなにも計画をしておらず。
大丈夫かな、とも思いますが、EJCではたくさんの人たちが各地から来ており、またヨーロッパの人たちは、日本と比べても多くの人が「うちに来ていいよ」「車、乗っていきなよ」と声をかけてくれるので、それほど問題でもないかと思っています。そういう手の貸しあいに関しては、ヨーロッパのジャグラーを信用している。

オープンステージに出ることも考えているのですが、実はまだ何もしておらず。DOCHの生徒ギヨーム・カルポウィッツや、ディアボロの傑作DVDプラネットディアボロを編集したニコ・ピレ、イスラエルのデケル、長髪で有名なヤン、台湾のパティ・リャオ、仲のいいディアボリストたちが集まってオープンステージに出るよ、という話にも誘われて、出る気ではいるのですが、何やらまだ話し合いは進展しておらず。たぶんなくなるんだろうなと思っている。

ディアボロバトル、というイベントで、昨年あれよあれよと勝ち上がり、優勝してウォッカをもらったので、今年も出て、いけるところまでいくつもりです。
また優勝、といくかは全くわかりませんが、(本当に。みんな上手いので…)観客の話のタネになるようなことができればと思っています。

とりあえず、早いうちに服を揃えようと思っております。
基本的には、もはや何もなくてもなんとかなるだろう、というフェスティバルなので、極力荷物を減らしていくことが大事です。もちろん、いろいろと心配な方はたくさん、持っていきたいものを持っていくといいと思います。
ですが、たいがい、持っていったものの半分ぐらいを使わずに帰ってきたりする。それで、こんなに使うと思っていなかった、洗濯バサミなんかが重宝したり。うむ、うむ。

いろいろと、海外にも行ったことがないのだけれど、EJCには行ってみたいな、という方が参考になるような情報がまだまだ不足しているので、今後は(今年のEJCのあとになるかもしれませんが…)そちらの拡充も目指していきたいと思います。

準備を実況するシリーズで、しばらく、毎週金曜日以外にも(今回また土曜日になってしまいましたが)更新していきます。

カンブリア・ジャグリングコンベンション レポート by まさやんを追加

EJCまで3週間ほどとなりました。

このタイミングで、全く関係のないジャグリングコンベンションのレポートを追加。皿回し界の革命児、「まさやん」さんによるイギリスのジャグリング大会のレポートです。

カンブリアジャグリングコンベンションレポート by まさやん

その他のレポートはこちら

コンベンションごとに現れる雰囲気の違いがあって面白いですね。
EJCも、開催される国、地域で雰囲気が多少変わります。また参加人数、ジムの大きさなんかでも。
初めて参加したポーランドのEJCは、大きな体育館がひとつあって、そこに1000人と少しの参加者がほとんど集まっていました。施設そのものもそれほど大きくなかった。
一方フランス、トゥールーズの時は会場の端から端まで歩くのに20分はかかったので、それはそれで大変でした。ただ人数が多い割に場所が広かったので、快適に過ごせた。
もっとも昨年のイタリア、ブルーニコは、段違いに場所が良かったような気がします。
都会から離れていることもあり、そして周りを四方山に囲まれていたこともあり、本当に気持ちのいい場所でした。

そしてそして。どうもFacebookの情報によると、今年のEJCは、クラブのパッシングで有名なジョングリッシモも公式に呼ばれているようです。

当サイトは、EJC期間中の更新も行う予定。うーむ、何か、動画配信や、ラジオ配信がしたいなぁ。

 

JJF2015 in 郡山 EJCトーク

昨年10月、JJF2015 in 郡山でゲストであるアニ・キュパーも交えてEJCトークが行われました。
EJCに行ってきた人、行ったことはないけれど興味がある人を集めて行われた談話の様子。文字起こし、編集してお届け。

IMG_4146のコピー

録音 2015年10月12日

文字起こし・構成=青木直哉

はじまり 


青木 まず、EJCがどういうお祭りかというと、この写真(PONTE2015年秋号)で見て分かるように、基本的にはみんなテントで暮らします。すごくワイルドな感じのフェスティバルです。IJA(アメリカの大会)とかは、どうですか。

IMG_1584

IJA経験者 IJAは体育館を借りてやっていますね。同じホテルにみんな泊まって。併設の体育館だけでずっと1週間24時間やる、みたいな。

青木 動く必要がない。

IJA経験者 いつもはそんな感じらしいですね。ただ実は私が行った2015年はそういう感じではなかった。カナダのケベックで開催で。JJFみたいな規模でした。会場は小さかったし。
カナダだからアメリカ人があまり来ていないっていうのもあると思うんですよ。チャンピオンシップは日本人ばっかりでした。(日本人しかいなかった)

青木 それに比べたら、EJCは2015年は総参加者数約4000人。例年何千人、っていう規模。
僕が初めて行ったポーランドは2000人いかなかったけど。でも結構雰囲気が落ち着いた感じで、体育館も大きいのがひとつしかなかったし、キャンプ場も近かったからよかったです。
だから年によっていろいろなんですけど。今年もよかったですね。イタリアのブルーニコっていう場所。北の方で、ほぼ、オーストリア、みたいな感じでした。
毎年場所が変わるんですけど、今年は、夏でも暑くないところで、ちょうどいい感じでした。

アニ 天気、よかったね。オーガナイザーも、しっかりしていた。メインになっていたのは、ミュンヘンとか、ドイツから来た人、だったけど。それと、オーストラリアの人とか…。

青木 今のところ、ミュンヘンのEJCが一番大きかったのかな。ミュンヘンに行った人っていますか? あっ。(指す)

EJCミュンヘン経験者 5000人くらいだったかな。

青木 トーマス・ディーツとマーカス・ファートナーがひっぱってて、みたいな年ですよね。そうだ、俺、今年のEJCのスケジュール表(会場で配られるパンフレット)持ってくるの忘れた。誰か持ってますか。まさか持ってませんよね(笑)
EJCって、1週間あって。IJAって何日間でしたっけ。

IJA経験者 1週間。

青木 あ、1週間。なるほど。

 

ワイルドなお祭りだけど


IJA経験者 ワイルドなのが逆に苦手だと、EJC、どうなんだろう、と思うんですが。

アニ No problem. EJCは大きなフェスティバルで、いろんなことが同時にいっぱい起こっている。
もちろん、ワイルドな部分がある一方で、別にそれが苦手なら、そっちに行かなければいいだけであって。朝からジムで練習してたっていいわけだし。あと寝ちゃうとか(笑)夜はすごくうるさいけどね。だから気になる人は耳栓を持って行った方がいいかもしれない。でも、ホテルに宿泊したっていいわけだし…。

青木 まぁ、でも僕にとっては、EJCっていうのは、テントに泊まって、朝日が暑くて這い出る、みたいなのも込みなんですけど…(笑)でもホテル泊は、毎年いますね。

EJC経験者 ホテル勢って、風邪引く人が多いよね…。というか日本人って、必ず一人は風邪引く。

青木 なんなんでしょうね、あれは。あ、あった!(探していた1週間の予定表)いえーい(会場拍手)
そう、これが、今年のプログラムです。(全員に回す)表にプログラムがあって、裏が地図。これを改めて見ると、イベントとして用意されてるものって、そんなに多くないのかなって感じがありますよね。
ワークショップも、たとえばIJAでどうなのか知らないんだけど、壁にワークショップボードっていうのがあって、自分でペタペタ貼っていって、勝手に参加するだけだし。

アニ ああ、今年のワークショプボードは最高だったわ!

青木 アニはちなみに2004年から11回全部参加してる。

アニ そうね、2004年フランス、2005年スロヴェニア、2006年アイルランド、2007年ギリシャ、2008年ドイツ、2009年スペイン、2010年フィンランド、2011年ドイツ、2012年ポーランド、2013年フランス、2014年アイルランド、2015年イタリア。本当は2015年はもともとドイツでやる予定だったのが、防災管理の決まりが変わった関係でできなくなっちゃって…。

青木 あ、そうなんだ(笑)いやぁ、そういう基準の話で言うと、日本ではEJCはできないですよね。

会場 ファイアーとか、ど田舎だったらできますけどね。

 

ゲストについて


青木 何か、パンフレットを見て、質問とかあったら。

会場 事前に、たとえば、ゲストっていうのは、発表されてるわけですか。

アニ 年によって、アナウンスしたりしなかったり。何人か分かっているんだけど、ガラショーは分からない、というパターンが多い。

青木 今年トニー(・ペッツォ)が出るのも知らなかったしなぁ。誰一人、ガラショーに出る人は知らなかったな。本人の口がすべって、知っちゃっている、っていう場合はあるけど…(笑)

アニ 2014年アイルランドはすごかったな。スティーブ・ミルズ、ヨヘン・シェル、ヴィクトル・キー、フランソワーズ・ロシェとか、マイケル・モーションとか、錚々たるメンバーが。マイケル・モーションは、トークもしたりしていた。

 

EJCとIJAの違い


青木 今あんまりIJAって、昔ほど騒がれないというか。だんだん、勢いを失いつつあるような印象があるんですけど。アメリカのジャグリングシーンはちょっと死んできている、というような話も聞くんですよね…。

アニ IJAフェスティバルはEJCとは全く質の違うものだけど、それはまた別の体験として面白いとは聞くね。ただやっぱり規模はEJCとは比較にならないけれど。アメリカではフロウアーツは盛り上がっているね。それと、ファイヤーアーツとか。チケットを買って、1週間ずっといるようなタイプのフェスティバルも多くある。でもアメリカのそういうフェスティバルは高いものが多くて。フープの祭典、「フーピングリトリーツ」は3日で600ドルだって。

青木 東京ディズニーランドに10回行けちゃいますね。まぁ、ディズニーランド10回行くならフェスティバル行くけど…。

 

お金のはなし


青木 さてみなさん、海外には行ったことありますか。まぁここにいるのは大体経験者のようなので検討はつくと思うんですけど。2015年の参加者に大体の出費を聞いたら、EJCだけで考えると、宿泊、航空券など全て込みで、平均して20万円くらいだったみたいで。

IJA経験者 IJAの参加費自体は、200ドル、で、会員にならないといけないから40ドルくらい。それに加えてホテル。飛行機は早めに取ったので14,5万円。安い時期だと、往復5万円しない時もあるけど、IJAフェスティバルはそういう時期にはやらないので。やっぱり航空券代が高い。

青木 僕はこの夏、ヨーロッパ行きの航空券は8万円ぐらいでした。スカイスキャナーっていうアプリがあるんですけど。

アニ 私もそれ使ってる。

EJC経験者 ホームページもあるよね。

会場 ジャグリング協会のKさんは、もうホテル取ってるって。(会場爆笑)

青木 宿泊は、テントは5000円くらいのを買って、向こうで処分しました。まぁ、1週間の宿代を思えば、安い。

 

雨やパーティの話


そいそい(PONTE) テント、3000円で買ったんですけど。長く雨が降ったら浸水しちゃって。で、なんだか妙に浸水するなぁとは思ったんですけど。日本に帰ってよく箱を見てみたら、「中で着替えもできる!サンシェルター」だったっていう…。

アニ オランダは、雨は気をつけたほうがいいかもしれない。2005年、スロヴェニアのプトゥイでEJCがあったんだけど。最初の3日間は雨が降りに降り続けて。最後の方は、ぐちゃぐちゃの泥に足を突っ込まないように木の板が会場中に敷いてあった。でも最終的には、みんな楽しくなっちゃって(笑)悪い環境でも、「Whatever、みんな同じ状況なんだから」っていう精神で、楽しんじゃう。4日目についに晴れ間が出た時なんか、みんなでパーティ騒ぎで。

青木 そうそう、EJCは、パーティが発作的に起こる、っていうところがあって…(笑)ね、あの、あれね。あの、2015年の泡パーティ。EJCはパーティがいたるところで起こっている。こういう…。(泡パーティをしている映像を見せる)まぁ、だからといって参加しなければいけないわけではなくて、ただただ、リラックスして音楽を聴いているだけ、みたいな人も中にはいるし。ジャグリングしなくてもいいっていうところが、EJCの逆にいいところかな、っていう。

EJC経験者 いっぱいいるよね。

 

質問色々


青木 何かほかに質問はありますか。

会場 日本人で固まっていったんですか?それともバラバラで?

EJC経験者 バラバラですね。行ったら誰かいる、みたいなね。二人三人、でまとめて来る場合はあるけど。

会場 EJCは英語でいけるんですか?

アニ 基本的には英語。開催される国のことばが解説なんかに混じることはあるけど。だから今年は、イタリア語、ドイツ語が少し混じっていたり。

青木 まぁね、もちろん喋れたほうが色々、交流もできるし楽しいけれど。でも最低限、会場に着けばなんとかなりますよね。
あっ、英語で思い出したけど、バイリンガルニュースっていうPodcastがあって。二人がお互い、男の人は英語で、女の人は日本語で話す。いいですよ。EJCを励みに、英語やる、みたいな。ジャグラーなんだったら、それはすごくいいと思う。

会場 そういえばEJCと時を同じくして開催されていた公演『空転劇場』で、大きなスクリーンにEJCの中継が流れていた。休憩時間にシークレットで流したんですけど、そのおかげで誰も席を立てないっていう(笑)
でも有名なジャグラーが写されたりして、日本でも拍手して盛り上がってましたよ。

ショーの作法


青木 ショーとかを待っている時に、暇じゃないですか。それで、誰かが急に「ピールエット!」と言ったら、(席を立って数人がくるくる回り出す)というふうに、1周回るという。あとは、有名じゃないんだけど、「ミーアキャット!」と言われたら、こう、手を前に出してきょろきょろする、とか。

EJC経験者 あとウェーブが急に始まったり。

青木 そうそう、「うおおおおおおお」と急に掛け声がかかって、突然ウェーブをする(笑)あと知りもしない人とお互い手を振りあったりとかね。IJAはどうですか。

IJA経験者 長い風船を飛ばし合ってましたね。なんか、あっちこっちから、長い風船が飛ばされてきたり。チャンピオンシップとかの待ち時間に。

アニ あとは、EJCは動物の鳴き真似とかもあるよね。暗転中にフクロウの鳴き真似とか、オオカミの吠え声とか、やりだすから森の中みたいになる(笑)

青木 というわけで。では時間になってしまったので、最後にEJC2015の映像を見て、終わり。ありがとうございました。

録音 2015年10月12日

文字起こし・構成=青木直哉

NJF2016レポートを追加

今日は、EJC関連ではなく、海外のジャグリングコンベンションレポートをお届け。

NJF2016レポート

13315323_10204852162223539_6792058367902808357_nのコピー

ejcfan初の寄稿です。

現在ヨーロッパに居を構えて活動されているジャグラー、井上淳也さんより寄稿をいただきました。

場所は、今年のEJCの開催地、オランダのジャグリング大会のレポートです。

EJC2015 in Brunicoの後のアンケート結果 その1 「役に立った持ち物」編

最近のいろいろ


気がついたら、もうEJCまで2ヶ月を切っているんですね。
FacebookのEJC2016のアカウントで週に一回動画が流れてきます。
年によりオーガナイザーが違うので広告の仕方もまちまちですが、今年はずいぶん気合が入っています。期待できる。
準備もだいぶ早かったし、ウェブサイトもなかなかかっこいいし、悪い噂も聞かないし、動画の作りなんかも丁寧だし、ボランティア募集も早くからしているし、よいです。
EJC2015 in Brunicoの後のアンケート結果 その1 「役に立った持ち物」編

さて今回は現地へ持っていく具体的な持ち物の話。
EJC2015 in Brunicoが終わった後、数人にアンケートを取った結果を公開します。シリーズで、何度かに分けてお送りいたします。

まずは、「役に立った持ち物」編。

  1. エコバッグ、巾着袋
    ・ヨーロッパのスーパーはレジ袋が有料で、10セントとか日本よりも高い。買い物以外でも、何かしら荷物が増えた時に便利
    ・洗濯物入れにも買い物袋にもシャワー行く時の着替え入れにもなる。
    ・中に貴重品を持っていけて夜は中にビーンバッグを入れると枕になる
  2. 晴雨兼用傘
  3. 洗濯バサミ、小さめのピンチハンガー
    ・洗濯が手洗いだと、干す時に便利
  4. 古いタオル
    ・タオルとして使っても、丸めてまくらにしても、雑巾にしてもよし。最後は捨てて、お土産用のスペースを作れる。

  5. ・傘がわりにすると笑いが取れる。
  6. ダポスター(スペイン風座布団)
    ・雨の中回すと傘になる。
  7. 海パン
    ・昼ごろに海パンごと洗って履いたまま外に出ると乾く。
  8. LEDポイ
    ・夜のテントでランタンの代わりになる。
  9. ソーラーチャージャー14W(¥4,600)
    ・太陽光でUSB機器の充電ができる。バッテリーと合わせて使うと最強。体育館のコンセント争奪戦から開放される。
  10. ユニプロッキー12色(水性顔料マーカー)
    ・オリジナルシャツを作ったり、ポスター書いたり、互いの国の地図を描きあったり、何かと便利

公式サイトからつまみぐい


Q: What is the weather like in Almere in August?
A: It can be sunny with 32 degrees celcius, but it can also be 20 degrees with rain. Be prepared for anything and take your raincoat and summer clothes with you, a thick sweater for the nights and don’t forget your swimwear for the pool or the beach!
公式サイトより。
8月のアルメレは、どんな気候ですか?
晴れれば32度くらいになることもありますが、雨が降ると20度にもなります。用意を万全にして、レインコートも夏っぽい服も両方持ってきましょう。夜用に厚手のセーターもいるでしょう。あとは、水着を忘れずに!ビーチも、プールもありますよ!
オープンステージに出た時の話を書きました

公開 2016/06/03
更新 2016/06/03

オープンステージについて

オープンステージとは?


EJCでは毎日ショーが行われます。その中でも参加者が基本的に誰でも参加することができるのがオープンステージ。

Sunday Open Stage

オープンステージ観客席。大入り満員。

Sunday Open Stage

大盛り上がり。

Sunday Open Stage

こんなものも観られます。

Sunday Open Stage

大団円。

(写真:Luke Burrage http://www.lukeburrage.com/blog/archives/2289

出てくるのはアマ、プロ混合の様々なパフォーマーたち。各々やることもまちまちですが、オープンステージならではの演技も見ものです。

たとえばいわゆるビデオジャグラー、YouTubeで超絶技巧を披露することを好むようなジャグラーが出てきたりもするし、たまたまガラショーに出なかっただけで、実際にはガラショーレベルのジャグラーが出てきたり、逆にガラショーではできないようなよくも悪くもだらだらした演技を見ることができたりもします。

オープンステージに出るには


EJCに行くからには、何かパフォーマンスをして帰りたい、という方も多いでしょう。
年によっては公式のショーに出るパフォーマーを募集している時もあったりしますが、(2015年イタリアの時はそうでした。もっとも、運営がかつかつだったということもあるのですが)基本的に一般の参加者が簡単に出ることができるのは、オープンステージです。

weekprogram

参考に、2016年のスケジュールを見てみましょう。(http://www.ejc2016.org/programma/week-program/
オープンステージは毎晩開催。出たい日の朝に指定された会場に行って、ミーティングに参加します。(開催年により違う場合もあるかもしれません。参加方法は大体パンフレットに書いてあります)
ですが、特に初日のミーティングには、どの日にパフォーマンスをしたい人も行っておくと吉です。なぜなら毎年出場希望者が規定よりも多く集まるのが通例で、先に出場希望の旨を伝えておくと優先してくれる場合があるからです。

ミーティングでは主にどんな道具を使うのか、どれぐらい長さの演技か、演技のエネルギーはハイ、ミドル、ロー、どれくらいか(大体こういう聞かれ方をする)音楽は使うのか、など質問され、その後照明の確認などがあります。

公開 2016/05/26

その他の出費について を公開しました

その他の出費について を公開しました。

そしてちょっとしたニュースです。

スクリーンショット 2016-05-13 17.48.35

EJC2016の公式FBページ上で、当サイトが紹介されました。やったね。

ゆっくりとしたペースで更新していて、まだ観光情報やその他必要であろう情報がいまいち載っていない間の否めない当サイトですが、更新の途切れることのないよう、時折他のEJC経験者の方のお話なども交えつつ徐々に読み物を増やしていきますので、気長にお付き合いください。
また来週以降は、こちらのブログの方で、こんなの面白いんじゃないの、というトピックをちょぼちょぼと書いていきますので、覗いてみてください。
こんな情報が欲しい、というお声がけも、
ejcfan@jugglingponte.com へのメール、またはこちらのフォーラム、あるいは記事へのコメントで、お気軽にどうぞ。

公開 2016/05/13